「就職」カテゴリーアーカイブ

履歴書(CV)の書き方

履歴書(CV)の作成に困っていませんか?何を記載するべきか、迷っていませんか?ここにはなぜ、いつ、どのように履歴書を使うのか、レジュメとCVの違い、CVの書き方と構成のガイドライン、アメリカと国際的なCVの違いや記載例について情報を掲載しています。

履歴書を使うとき

求職者がレジュメではなくCVを使うのはいつでしょうか。アメリカでは、大学、教育、科学、医学、研究職のようなポジションに応募する場合に使われます。奨学金給費研究員や奨学金の申請でも使われます。

ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアで仕事を探す場合は、レジュメよりもCVが使われます。海外の雇用主はアメリカのレジュメではなく、CV上で生年月日、国籍、婚姻状況、出生地などの個人の情報を読みたいということを覚えておきましょう。アメリカの法律では求職者に訪ねることができる情報に制限がありますが、これは国外では適用されません。

CVに記載するべきもの

CVとレジュメにはいくつかの異なる点があります。CVは2ページ以上と長く、あなたの経歴やスキルの詳細を記載します。レジュメは、CVの異なるバージョンで、異なるポジションに必要となります。

レジュメのように、CVには名前、連絡先、学歴、スキル、経験を記載します。しかし、これらの基本的な情報に加えて、CVには研究歴や教職歴、発行物、プレゼンテーション、奨学金、職能団体や免許、受賞歴や表彰歴、その他ポジションに応募するにあたって必要な情報を記載します。

まずはあなたの経歴のリストを作ることから始め、その後カテゴリー別に構成していきましょう。発行物には必ず日付を記載しましょう。

国際的なCVに記載するべき個人情報

・国籍

・婚姻歴

・年齢

・子供の数と年齢

・趣味など、個人的に興味のあるもの

・高校を含む全ての学歴

・写真の添付を推奨(プロの顔写真がベストです。)

CV上の生年月日

アメリカ国外のいくつかの国ではCVに生年月日を載せることが好ましいとされています。海外の仕事に応募する場合は、その国の仕事の応募の仕方について調べておきましょう。

アメリカ国内での仕事の応募にCVまたはレジュメを使う場合は、年齢差別を避けるための現在の法律により、生年月日の記載を求められることはありません。しかし、ベトナムにおいては、こちらの記載がないと書類選考に通過しないことが多々あります。

CVのカスタマイズ

記載したい情報のリストを作成したら、あなたのオリジナルのCVを作成し、その仕事に有利な経験を目立たせるようにしましょう。オリジナルのCVを作るのは時間がかかりますが、特にその仕事に有利な経験やスキルがある場合は、それだけの価値があります。

・起動動詞を用い結果を記載し成果を強調しましょう・

・その仕事の最高の候補者であるということを要約したプロフェッショナルなプロフィールから始めます。

・仕事に関する経験、スキル、知識を記載します。全てを詳細に書く必要はありませんが、学歴などでも仕事に関係する場合は記載します。

・CVの構成は雇用先が求めるものに合わせて構成します。例えば、研究に力を入れている大学に応募する場合、プロフィールのすぐ後の最初のページはあなたの論文のリストから始めます。一方で、発行物よりも教職の経験が重要と考えている職場では、職歴を最初のページに記載します。

CVの記載例と書き方の確認

書き始める前に、いくつかサンプルを見ると書きやすいかもしれません。Googleで検索すれば直ぐに見つかります。

カバーレターの書き方

カバーレターはさまざまな仕事の申込書の一部である1枚の書類です。

応募先が明らかにカバーレターを必要としていないときのみ、省略することができます。それ以外のケースでは、カバーレターを添付するべきです。

カバーレターの目的

カバーレターでは:

・自己紹介

・どの職種に応募するのか

・その仕事に必要なスキルや経験があるか

・読者に履歴書を読むように促す

・具体的な行動を明記する(例えば面接のお願いや、面会のお願いなど)

詳細は、このページの「カバーレターに何を記載するべきか」というセクションを参考にしてください。

カバーレターの長さについて

カバーレターは1ページに納めなければなりません。カバーレターは履歴書の要約なので、簡潔に作る必要があります。

仕事とカバーレターを一致させる

異なる仕事に同じカバーレターを使うことはおすすめできません。カバーレターではあなたが仕事や組織について何を知っているのかを示す必要があるからです。

そのためには、あなたのスキルやレベルがどのように仕事や組織にマッチするのかをできるだけ明確にしなければなりません。

以下、あなたのカバーレターをより詳細なものにするための3ステップです。

1.誰に向けたものなのかをはっきりしましょう。

「ご担当者様」という表現はできるだけ避けましょう。誰に向けたものなのかをはっきりさせるのには時間を要しますが、それだけの価値があります。

その仕事を求人広告で見つけた場合、担当者の名前や誰に書類を送るのかが明記されていることがあります。そうでなければ、雇用主や広告主に連絡を取り、誰に書類を送るのかを尋ねてみましょう。電話が最善ですが、電話番号がわからない場合はEメールでも構いません。

その人の名前を知るにあたって、ファーストネームを使うのはやめましょう。Mr.やMs.を用い、ラストネームを使いましょう。

2.仕事について詳しく知りましょう

誰に申請すればよいのかがわかったら、その人に連絡を取り、カバーレターと履歴書を、より仕事に適したものにすることができます。

聞いておくべき質問

・チームで動く仕事ですか? 

・仕事を得たあと、誰に報告するべきですか?

・どのような人材を探しているのか、詳細を教えてもらえますか。

・ポジションについての説明が書かれているものはありますか?(求人広告にポジションについての記載がない場合)

これらの質問への回答は、カバーレターへのアイディアがつまっています。

3.会社についてよく知りましょう

会社をよく知ることはカバーレターを作る上でよい方法の1つとなります。

会社の名前がわかるのなら、オンラインで情報を収集しましょう。

会社のウェブサイトがあるなら、確認してみましょう。(特に会社についてのページは確認しましょう。)

会社の名前が求人広告に載っていなければ、リクルート代理店や広告主に電話し、雇用主が誰かを尋ねてみましょう。

カバーレターに記載すべきこと

カバーレターに記載するべき事項をリスト化しました。どのようにこれらの事項を記載するかは、私たちのサンプルをご覧ください。

<名前と連絡先の詳細>

名前と連絡先はカバーレターの一番最初に記載しましょう。住所を書く必要はありませんが、メールアドレスと電話番号は必ず記載します。

記載した電話番号への電話は、すぐに出れるようにしておきましょう。家にいる時間が多い方を及位、固定電話の番号は記載しないようにしましょう。

メールアドレスはプロフェッショナルな印象を与えるようなものにしましょう。

プロフェッショナルなメールアドレスがない場合は、無料のメールプロバイダーで作ることができます。ファーストネームとラストネームなど、シンプルなメールアドレスを作りましょう。

<相手の名前と連絡先>

あなたの名前と連絡先の下には、以下の情報を記載しましょう。

・書類を渡す相手の名前

・その人のポジションもしくは会社名

・その連絡先

これらの情報を見つけるのが困難な場合は会社に電話をして、担当者に確認しましょう。

また、「ご担当者様」を使うこともできますが、最終手段とします。

<あなたが応募する仕事の名前>

カバーレターのはじめは、どの仕事に応募するのかを明記しましょう。

例えば、「Re: 在庫管理者への応募」と記載することもできますし、パラグラフを書く(私は最近広告に掲載されていた在庫管理者の職へ応募します。)ことも可能です。

<あなたのスキルのリスト>

あなたのスキルや経験をカバーレターに載せましょう。箇条書きでも構いません。

求人広告を見て応募する場合は、広告内または職種説明の欄に、必要なスキルや経験のリストが書かれていると思います。また、「望ましい」スキルや経験も掲載されているかもしれません。あなたのカバーレターには、必要なスキルや経験だけではなく、望ましいスキルや経験についても記載すると良いでしょう。

もしスキルや経験について記載する場合は、どのように使い、どのように取得したかを示す必要があります。(例えば、チャイルドマインディングのスキルがあると書いたのなら、どこでそのスキルを使った仕事をしたかを記載しましょう。)

<なぜあなたがその仕事に適しているかの要約>

スキルと経験を記載した後は、なぜあなたがその仕事に適しているかを説明しましょう。(例えば、「AFLへの興味と簿記の経験を合わせると、私はこの仕事にぴったりだと思います」など)

<彼らの言語を話しましょう>

職場で使われている言語を話すということは、その職場にあなたが合っているということを示すのに良い方法です。

会社が何をしていて、それをどのように表現しているかを知ることは、カバーレターで書くべきことのアイディアを与え、どのように彼らと話すべきかのヒントになります。

例えば、機械加工ツールやキャッシュハンドリングのようなツールやソフトウェア、またはスキルがある場合は、それをカバーレターに書きましょう。(正しく書かなければなりません!)

「仕事とカバーレターを一致させる」のセクションを読み、企業について知るためのヒントを得ましょう。

<あなたの履歴書を読み、連絡をもらうように促しましょう>

あなたのカバーレターは読み手に履歴書を読むよう促して終わるべきです。また、面接をさせてもらえるように頼むべきです。

「私の履歴書のコピーを添付しました。この仕事に関して何か一報いただけると幸いです。」などの単純なもので構いません。

カバーレターに記載すべきではないこと

カバーレターに記載すべきことを知るのと同じくらい、記載すべきではないことを知るのも重要です。以下、気をつけるべきことです。

<誤植やミス>

カバーレターのスペルチェックは必ずしましょう。誰かに読んでもらうようお願いし、ミスや矛盾点を指摘してもらいましょう。カバーレターを読むように頼むのは、友人、家族、大学やTAFEのキャリア指導員やカウンセラーが良いでしょう。

カバーレターの全てをダブルチェックしましょう。会社の名前を書いているのなら、正しいかチェックしましょう。前に働いていたところについて言及している場合は、その名前も正しいことを確かめましょう。カバーレターのミスは誤植より最悪です。

<あなたの履歴書全体を含みましょう>

履歴書を切り取ってカバーレターへ貼り付けることはやめましょう。ただ繰り返すのではなく、言い換えて記載しましょう。カバーレターは短く納め、履歴書で全ての内容を記載しましょう。

<「私」の多用>

「私は~です」「私は~と思います」「私は~があります」などでカバーレターをいっぱいにするのはやめましょう。

カバーレターを書いたら、もう一度読み直し、「私は」から始まっている文章を書き換えるなどしましょう。

<他の仕事の応募に関しては言わない>

1度に複数の仕事に応募することは少なくないと思います。それは重要ですが、他の仕事の応募には記載しないようにしましょう。あなたがその仕事をしたいということを人々に納得させなければなりません。もしあなたが他の仕事も探しているということを彼らが知ったら、彼らを納得させることは難しいです。

あなたが1つ以上の仕事に応募していることは予想できますが、そうふるまわない方が良いでしょう。

求人がないときにカバーレターを書く

求人がなくても特定の会社や組織で働きたいこともあると思います。これは「アポ取り」と呼ばれます。

企業に求人がないか直接尋ねることは、あなたのやる気を見せるチャンスにもなり、仕事を得ることができるかもしれません。

現在求人がなくても、企業があなたのことを知っておけば、次に求人が出たときに連絡が来るかもしれません。

アポ取りのカバーレターは、基本的には他のカバーレターと同じように書き、少し異なる点もあります。それは:

・あなたが企業や組織についてすでに調べ、知っているということを示す

・何故そこで働くことに興味があるのか(企業がやっていることとあなたのゴール)

・あなたのスキルや経験、興味が企業や組織のゴールにどのようにフィットするか

・あなたが望むこと(例えば今求人があるポジションについてや、現在働いている人の話を聞くチャンスが欲しいなど)

・またすぐに連絡するということを明記し、その前に連絡をもらえると嬉しいということも記載する

もし数週間経っても連絡がない場合、こちらから問い合わせてみてもいいでしょう。メールや電話で問い合わせてみましょう。

カバーレターをメールする

カバーレターをメールで送るように依頼してくる企業もあります。その時は:

・メールのタイトルにあなたの名前と職業名を書く(例えば、「 Jayani Lal – 管理アシスタント食への応募」)

・誰に書いているかを明確にする

・手紙のようにメールの本文をフォーマット化しない – 連絡先の詳細を載せずに直接「~様」から始める

・メールの最後は電話番号を含む連絡先で締める

・常にプロフェッショナルなアドレスからメールを送信する

カバーレターだけを求められた場合

企業によっては、履歴書の代わりにカバーレターだけを提出するよう求めてくる場合もあります。

その際はカバーレターにあなたの経験と仕事の条件をリンクさせることが重要です。このようなカバーレターを書く際には:

・連絡先の詳細、あなたの簡単な自己紹介など

・経験の要約

・箇条書きでそれぞれの条件を満たしていることを記載

・連絡をもらえるように促す

ベトナムのインターンシップ

インターンシップは新しい国、文化、労働環境を知る上で素晴らしい方法となるでしょう。インターンシップはベトナムでも増えていて、若者が急成長中の国へ足を踏み入れる多くの機会があります。

ベトナムで公式のインターンシップをしている全ての外国人は、最低でもDHスチューデント/インターンビザを取得しなければなりません。しかし、ベトナムの多くのインターンシップが非公式で無給で、通していることを覚えておきましょう。この場合、観光ビザをもっていれば十分ですが、インターンシップ先で確認するようにしましょう。

手続き

あなたのインターンシップが有給の場合、企業はあなたのプロフェッショナルビザを申請しなければなりません。名前、生年月日、ベトナムの滞在期間と滞在先の詳細などの個人情報を提出しなければなりません。

あなたの入国許可が下りた後、申請書を完成させるために最寄りのベトナム大使館に行かなければならないかもしれません。そうでなければ、手続きはオンラインでスムーズに完了できます。どちらの場合も手数料がかかります。

あなたのインターンシップ先の企業は、あなたのスキルや適性を求める場合もあります。また、入国に際し、資格やIDを求められることもあります。

産業

以下、インターンシップが盛んに行われている産業を紹介します。このリストは完全版ではなく、他の分野でもインターンシップを受け入れている企業が多くあります。

情報/コンピューター技術

ベトナムの急速なICT産業の拡大のために、インターン生の需要が高まっていることは、不思議なことではありません。テクニカルエンジニアだけではなく、一般的な技術経験ではあるものの、ウェブサイトの作成経験が長い人やユーザーの洞察力がある外国人を求めている企業が多数あります。

教育

ベトナムは、若者の教育に多くの投資を行なっています。国中で教育者としてのインターンの機会があり、特に言語分野での需要が高いです。

観光業

国のブームとなっている観光業でのインターンシップで、あなたは観光業の発展の多くの側面を見ることができるでしょう。これは異なる文化を旅するいい方法でもあります。

農業

農業のインターンシップでは、あなたの国で習う方法とは別の方法を知ることができるでしょう。また、急速に成長する国の現代化や産業化のいい面と悪い面を見ることもできます。

ベトナムでインターンシップを見つける

ベトナムでインターンシップを見つけることは、仕事を見つけるよりも難しいかもしれません。しかし、不可能ではなく、是非とも挑戦してほしいです。

ハノイで働く

ベトナムの賑やかな首都であるハノイは、ユニークな生活で何千人もの移住者を惹きつけています。外国人にとって朗報は、仕事の機会が溢れているということです。

ハノイは年間20,000人以上の移住者を魅了しています。そこには仕事のチャンスがあり、快適な暮らしの機会となっているのです。経済成長によって様々な専門家の選択肢となり、多くの会社がこの都市に支店を置いています。

ライフスタイル

ハノイは文化的により伝統的で、他の都市と比べると遅れをとっているようにも見えます。これを職場に置き換えると、あなたが古い技術を使って働いていることや、古い建物やインフラに気づくでしょう。ハノイには現代的な建物や会社が多くあります。ただ伝統的で古くからの文化があるので、多くの移住者がこの地を働く場所として選ぶようです。

ハノイのワークライフバランスはしっかりとしていて、特に若く現地の文化を学びたいという外交的な移住者にはぴったりです。ハノイ在住の移住者の若者は皆近くに住み、仕事後に飲んだりイベントを行ったりして、社交的な生活をしています。

手続き

ハノイで働くためには、仕事依頼か招待が必要です。到着前に仕事を見つけることができれば、あなたの雇用主が就労ビザの取得などを手伝ってくれるはずです。観光ビザで入国し、その後プロフェッショナルビザを申請し、仕事を見つけた後に労働許可証を申請する移住者もいます。

あらかじめ仕事を見つけておくメリット

・自分のスキルの需要や仕事の可能性を確認することができ、仕事を見つけるということにとらわれずに荷造りをすることができます。

・到着後すぐに働くことができ、収入も得ることができます。

到着後に仕事を見つけるメリット

・都市や場所、通勤方法を知ることができます。すでに契約している職場が家から遠かったり、不便な場所にあるということを想像してみてください。

・前もって雇用主に会うことができ、仕事と会社が自分に合っているかを確認することができます。

労働市場

ベトナム人の大半が農業分野で雇われており、その結果、ハノイにはスキルのある人や熟練の労働者が少なくなっています。英語を学ぶことは国中で需要が高く、ハノイに来る移住者のうち適当な資格をもっている人の多くが、英語の先生の仕事をすぐに見つけることができます。フランス語、中国語、日本語などが流暢な人々には、フルタイムもパートタイムも豊富に募集があります。

その他のエリアでスキルの欠如があるのは、情報技術やコミュニケーション技術、貿易、産業、そして財政分野です。

知っておくべきこと

もしフルタイムの英語の先生の仕事をハノイでする場合、月給は2,000米ドル前後を稼ぐことができます。ベトナムの生活費がや水分、これだけの給料があれば十分な生活ができます。

仕事を見つける

仕事を見つけるための良い方法としては、オンライン検索、組織的または代理店を通す、口コミなどが挙げられます。

ベトナムの労働市場

ベトナムの労働市場は、常に外国人に対してオープンであるわけではありませんが、移住者が仕事を見つけることは可能です。ここではベトナムの求職活動について一般的な情報を紹介しています。

国際企業やベトナムにある多国籍企業ではない限り、ベトナムの労働市場が全ての産業で外国人を受け入れているわけではありません。しかし、外国のスキルは好まれています。

多くの企業や地元のビジネスにおいて、ベトナム政府はベトナム人を雇用することを推奨しています。外国人のプロを雇用するためには、企業側がそのスキルがベトナム人にはないということを証明しなければなりません。法によって、外国の企業はたった3%しか外国人を雇うことができません。

知っておくべきこと

外国人としてベトナムで働くためには、高い英語力と会話レベルのベトナム語を習得していると良いでしょう。

仕事に応募する

仕事に応募するとき、カバーレターのついた履歴書とパスポートサイズの写真が必要になります。また、犯罪歴のコピー、母国で発行された診断書、学位のコピーやあなたの適性やスキルを証明するものも必要になります。

可能性のあるセクター

過去数年にわたって、農産業、流通、サービス、ヘルス、情報やコミュニケーション技術などの異なるセクターの多くの企業がベトナムで創設されました。これらのセクターで研修を受けたことがあったり、経験がある場合は、雇用のチャンスが広がります。ホスピタリティ、ケータリング、農業、金融サービスなどのその他のセクターも同様のことが言えます。

様々な分野で異なる職種の求人が国中にあります。遍在する分野の1つが教育で、特に英語教員の需要が多く、ほとんどどこでも高い需要があります。

労働環境

法律によって、ベトナムで1週間に働けるのは合計48時間、5日半とされています。さらなる報酬を得ることで残業をすることも可能です。夜間に働いた場合の給与は30%増しになります。ただし残業ができるのは1年で200時間までとされています。

また最低でも12日の有給休暇と9日の公休がもらえます。

契約の種類

雇用契約には一般的に給与、就業場所と就業時間、就業内容、社会保険が含まれています。

ベトナムの労働法は3種類の契約形態を認めています:常任雇用、有期雇用、季節雇用です。季節契約は12ヶ月未満の契約になります。この契約を適用するのはある特定の期間のみの仕事に対してです。常任契約は雇用主と被雇用者の合意のもとで12から36ヶ月間の契約となり、これは労働許可証の種類によっても異なります。

ベトナムで仕事を始めるには

仕事を始めるには

違う国で仕事を見つけるのは大変なことです。ここにはあなたの夢の仕事を海外で始めるためのヒントが書かれています。特別な経験をしたいと思っている新卒者か、経験豊富な労働者かに関わらず、国境を超えることはとても興味深いことです。残念ながら、海外で働くことを夢見る多くの労働者が、それを実現せずにいます。なぜなら、海外で仕事を探すことが難しいからです。

それぞれの分野のエキスパートに話を聞きました。

オンラインネットワーキング

インターネットで海外の求人情報を検索するのは簡単な方法ですが、利点はそれだけではありません。ソーシャルメディアの発達により、インターネットでより専門的な繋がりを持てるようになりました。「オンラインネットワーキングは面と向かったネットワークづくりの礎になり、正しく使えば、良いきっかけになります。」。「オンラインのコミュニティやユーザーグループは求職者が声を大にすることなく、技術や考え、リーダーシップを示す機会を提供しています。」

直接の経験

あなたがお気付きのように、新しい国に移り住むことは多くの変化があります。もしあなたが真剣に移住を考えているのなら、あなたが働きたいと思う国に一度は訪れたことがあるはずです。もしそうでなければ、旅の計画を立てることは十分に価値があることです。文化に触れるだけではなく、具体的な移住のイメージが持てると思います。

「あなたが目指す国を訪れ、情報収集をするのは良い手段です。」と言います。「国際企業はその国に訪れたことのない人を雇うことに気が進みません。自分でその国の現実を知り、期待とのギャップを埋めておくと良いでしょう。」

その土地の仕事の応募方法を調べる

多くの外国人求職者はカルチャーショックに備えていますが、仕事への応募段階で予想を超えてくることがあります。「アメリカ国外で仕事を探すときは、その地域の求職の手続きの慣習を理解し、その国の言語で履歴書を書きましょう。」とオンライン卸売の共同創設者は言います。「例えば、ニュージーランドでは、アメリカ英語よりもイギリス英語のスタイルが好まれます。」

また他の国では、違いは言語だけにとどまりません。「中国では、履歴書に顔写真を貼ることが当たり前です。」と言います。「その土地の履歴書の様式を用いることで、雇用主に対していかに本気かを伝えることができるでしょう。」

海外の前に国内

遠くの場所のポジションを探しているかもしれませんが、まずは国内の求人を探してみましょう。「まずは、自分の会社が国際的なポジションを持っているかどうかをみてみましょう。」と話す。「もしあなたの会社に公式な企業内異動がなくても、海外のHRと繋がることができるはずです。」

「もしあなたが専門的組織の一員ならば、海外にオフィスがないか確認してみましょう。」と推奨します。「もしかするとローカルの求職をあなたに提供することができるかもしれません。」

あなた自身を説明する

雇用主によって、面接時の質問は多岐にわたることから、まずはなぜ海外に移住したいのかを明確に答えられるようにしておきましょう。「なぜ海外に移住したいのか、しっかりとしたストーリーを持ちましょう。それはあなたのキャリアに役立つことですか?あなたの配偶者が異動になり、あなたも仕事を得なければなりませんか?常に海外へ行きたいという気持ちがあり、今がその時だと思いますか?」と言います。「リクルーターや人事部長はあなたにどれほどの適性があるのかを見極めたいのです。移住者を雇うということは、書類面や法的に厄介なことが多いのです。移住に時間のかかる人を雇うのは、重大なリスクがあるのです。」

忍耐は美徳

これで、海外で仕事を得る準備ができ、そこへ飛び出し世界を見る準備ができたことと思います。実際に、海外で仕事を得ることは、国内で仕事を得るよりもはるかに時間がかかるのです。「仕事を探すのにまず4~6ヶ月かかります。ビザの手続きにも時間を要します。」と警告します。「例えば、中国中央テレビでは、合格通知が来てその仕事を受けてから、ビザの申請用紙を受け取るまでに4ヶ月もかかりました。計画に余裕を持ち、全てが国際的な動きをするということを覚えておくことは重要です。」