2018年のベトナムの新たな給与支払い義務

ベトナムは最低賃金と社会保障負担の見直しを行い、その大半が2018年1月に反映されます。海外・国内企業ともに新たな法律のコンプライアンスのために、変更をしなければなりません。これらの変更は、労働者の給与や手取り給与に影響するでしょう。見直しは最低賃金、失業保険のサラリーキャップ、外国人労働者の社会保険で行われます。

最低賃金

ベトナムの最低賃金のレートは給与の適合において重要な役割を果たしています。現在、2種類の最低賃金があります。

共通の最低賃金

最初のタイプは共通の最低賃金で、これは国有の組織や会社の給与計算に用いられています。共通の最低賃金は月90,000ドン値上がりし、月1,300,000ドン(57ドル)から1,390,000ドン(61ドル)になります。これは2018年7月1日から適用されます。

地域の最低給与

2つ目の最低賃金のタイプは、国有企業ではない労働者に適用され、これは国によって定められた地域をベースとしています。2018年1月1日から、国家賃金会議が2018年の地域の最低給与を以下のように定めています。
・リージョン1:月3,980,000ドン
・リージョン2:月3,530,000ドン
・リージョン3:月3,090,000ドン
・リージョン4:月2,760,000ドン

社会保障計画

ベトナムには3種類の社会保障義務があります。
・社会保険(SI)
・健康保険(HI)
・失業保険(UI)
UIの加入義務はベトナム人にも外国人にもありますが、SIとUIの加入義務はベトナム人に限られていました。
社会保障料の変更点
ベトナムの企業の給与は大抵低く、企業と労働者にメリットがあるSI/HI/UIの支払い金額も低くなっていました。しかし、2018年1月1日から、責任者手当、勤続手当、地域手当もSI/HI/UIの計算をする上で給与に含むことになりました。労働者にとっては、この変更によって手取りの給与が低くなってしまいます。
社会保障の計算のために使われる給与は、基本給、手当、その他労働契約上に記載されている以下のようなものが含まれます:
・役職手当
・責任者手当
・勤勉手当、危険手当
・地域手当
・交通費
・牽引手当
・上記に類似するようなその他の手当
これらに含まれないものとしては、ボーナス、インセンティブ、食事手当、ガソリン、電話、通勤、保育があります。

保険料の変化

2018年7月1日から、SI/HIのための最低給与が上がります。月26,000,000ドン(月約1,140ドル)だったものが27,800,000ドン(約1,220ドル)になります。これは雇用主
と労働者双方の強制保険料を上昇させます。

社会保険

2018年1月1日から、全ての外国人/移住者の労働者は社会保険料を適用することになります。適用範囲は病気、産休、労災、退職と死亡です。外国人労働者がベトナムを離れるときは、1回限りの年金の要求ができます。
外国人労働者は8%の社会保険を負担し、雇用主は17.5%を負担します。

健康保険

外国人労働者は1.5%の健康保険を負担し、雇用主は3%負担します。

失業保険

2018年1月1日から、失業保険料の最低地域給与が地域によって月55,200,000ドンから79,600,000ドルへ変更になります。
・リージョン1:月79,600,000ドン
・リージョン2:月70,600,000ドン
・リージョン3:月61,800,000ドン
・リージョン4:月55,200,000ドン

移住者にとって夢の住処ベトナム

簡単に仕事が見つかり、生活費が安く、生活の質が高いです。

それが本当なら良すぎるのですが、サマンサはその場所を直接確認することにしました。友人たちはベトナムでのいい暮らしをFacebookにアップすることに夢中でした。
そしてそれは本当だったのです。

彼女は南アフリカから初めてベトナムへ来たとき、1ヶ月かけて観光地巡りをしました。
それから、ほぼ努力なしで25歳で仕事を見つけることができたのです。彼女は、ベトナムで仕事を見つけることは、母国よりも簡単であると気づいたのです。
いくつかの分野における外国人に対するベトナムの豊富な仕事の機会は、世界中の多くの移住者を魅了して来ました。労働傷病兵社会問題省によると、2004年から2015年の間、外国人労働者の数は6倍になったということです。

世界中の移住者310万人の会員数を誇るInterNationsのExpat Insider調査2018によると、ベトナムは移住先TOP10にランクインしたといいます。

圧倒的大多数(81%)の移住者がベトナム人は友好的であると回答し、73%がベトナムは定住しやすい場所であると回答しました。
公式データによると現在83,500人の移住者がベトナムで働いています。この数字は1986年のドイモイ政策以降安定して増え続けているようです。それ以前は戦争やその被害により、長い間世界から遅れを取っていました。
母国で仕事を見つけるのが困難なため多くの移住者がベトナムへ来ました。多くの移住者は、十分な収入と貯金をしながらベトナムの生活を楽しんでいます。

需要の高まり

数年にわたる相対的な孤立の後のベトナムの急速な成長は様々な分野で移住者の需要を高め、特に幼稚園から大学レベルの英語の先生の需要が顕著に高まりました。
「移住者はFacebookで、教員を含む給与の高い仕事をさっと調べています。」とサマンサは言いました。現在、サマンサはインターナショナルスクールで教えていて、彼女が知っている5人の外国人のうち4人が同じ仕事についています。
そこまで経験や学歴がなくても、移住者が英語の教師の仕事に就くことができる一方で、他の分野での求人も豊富にあります。
ベトナムの調査サービス会社のNgo Thi Ngoc Lan地域統括部長によると、製造業、銀行業、小売業でも移住者の需要が高まっていると言います。
2017年に行なった調査では、小売業で回答のあった50%が外国人を雇うためのポリシーがあると回答しました。また56%の雇用主が東南アジア出身者を好み、22%がヨーロッパ出身者を好むということを明らかにしました。
求人の多さとは別に、高い給与も外国人を引き寄せる要因の1つになっています。2017年、ベトナムの移住者は平均で年間約88,000ドルを稼いでいるとロンドンに拠点を置くHSBCがExpat Explorer調査で明らかにしました。72%の回答者が母国と比べてベトナムの方が貯金ができると回答しています。
「移住者はベトナム人と比べると、30~50%多く給与が支払われています。」とLan氏はVnExpress Internationalに話しました。教育や製造業においては、移住者の給与はベトナム人の2~3倍であると彼女は言います。これは移住者の母国の水準に合わせるためだそうです。
地位の高いポジションでは、移住者の子供の授業料や家賃、専属運転手、家族全員の飛行機代などを出す企業もあると彼女は言いました。

快適なライフスタイル

生活費の安さから、移住者が受け取る給与でとても快適な暮らしをすることができます。
2年以上ベトナムで働いているフランス人のBenjamin Durand はソフトウェアエンジニアとしてハノイで働き、月2,500ドルを稼いでいますが、それでも十分満足な暮らしができていると言います。
この給与は平均的なベトナム人の年収なので、彼は満足な暮らしができるのです。週末には、Durandはハノイ周辺で登山を楽しんだり、多くの外国人が集まるパブでダンスを楽しんでいます。「ベトナムに住むことは素晴らしい体験になっています。」と彼は言います。

「王様のような生活」

2018年6月、ベトナムの2大都市の生活費は世界で最も安いと共同のオンラインデータベースのNumbeoが明らかにしました。Numbeoはユーザーが都市の生活費をアップし比較できるサイトです。
ハノイは7位、ホーチミン市は9位にランクインし、フィリピンのマニラやマレーシアのクアラルンプール、タイのバンコクよりも安くなっています。
ハノイで英語のチューターをしているメーガンは、アメリカで使っていた半分の額しか費やしてません。さらに、彼女はハノイに来る前に1年間暮らした韓国にいた時よりも、貯金ができているのです。
「望むのなら、ベトナムでは王様や女王様のような暮らしができます。」と彼女は言います。
移住者の需要が高い地域では、地元の企業はあの手この手で移住者を惹きつけようとしています。ベトナムで人気があり、国内に30の教室を持つ英語教室Apollo Englishでは、帰国の飛行機代、最初の週の家賃を無料にする、ビザや労働許可証の取得のサポートなどのインセンティブを提供しています。
また、別の英語教室Cleverlearnでは、外国人講師の給与を月2,000ドルにしました。また教室は移住者の教師に対し、家探しの手伝いやその他入国時に必要な支援を行うことを約束しています。

明らかな特権

多くの企業が実際の人事の需要を満たすために外国人を雇いますが、一方ではマーケティング、外国のすべてのものに対するベトナム人の好みを利用するために外国人を雇用する企業もあります。
広告代理店はしばしば移住者を雇い、製品の宣伝をします。これは、外国人の容姿、特に西洋人が顧客を魅了するからです。
これはいい傾向ではないかもしれないと社会学者らは言います。「多くのベトナム人は外国人は裕福でスキルがあると考えていますが、それは必ずしも真実であるわけではありません。」と、ベトナム社会科学院のTrinh Hoa Binh副長官は言いました。
この現象によって、ベトナムの人々が自分たちの文化に対する自信をなくしているとBinh氏はVnExpress Internationalに話しました。さらに彼は、ベトナムの人々がより教育されれば、彼らは国の外国人労働者の真の価値を理解し出すとしています。
しかし現在はこの認識が移住者の幸せで楽しい生活を妨げることはないでしょう。
南アフリカ出身の英語教師サマンサは、収入の満足度や友好的な人々がいる文化、仕事の機会の豊富さなどから、ベトナムが近い将来彼女の第2の故郷になると言っています。
「もちろん、仕事を求めてここへ来て、母国に帰っていった人々も知っています。」とサマンサは言いました。

ベトナムの労働市場

ベトナムの労働市場は、常に外国人に対してオープンであるわけではありませんが、移住者が仕事を見つけることは可能です。ここではベトナムの求職活動について一般的な情報を紹介しています。

国際企業やベトナムにある多国籍企業ではない限り、ベトナムの労働市場が全ての産業で外国人を受け入れているわけではありません。しかし、外国のスキルは好まれています。
多くの企業や地元のビジネスにおいて、ベトナム政府はベトナム人を雇用することを推奨しています。外国人のプロを雇用するためには、企業側がそのスキルがベトナム人にはないということを証明しなければなりません。法によって、外国の企業はたった3%しか外国人を雇うことができません。

知っておくべきこと

外国人としてベトナムで働くためには、高い英語力と会話レベルのベトナム語を習得していると良いでしょう。

仕事に応募する

仕事に応募するとき、カバーレターのついた履歴書とパスポートサイズの写真が必要になります。また、犯罪歴のコピー、母国で発行された診断書、学位のコピーやあなたの適性やスキルを証明するものも必要になります。

可能性のあるセクター

過去数年にわたって、農産業、流通、サービス、ヘルス、情報やコミュニケーション技術などの異なるセクターの多くの企業がベトナムで創設されました。これらのセクターで研修を受けたことがあったり、経験がある場合は、雇用のチャンスが広がります。ホスピタリティ、ケータリング、農業、金融サービスなどのその他のセクターも同様のことが言えます。
様々な分野で異なる職種の求人が国中にあります。遍在する分野の1つが教育で、特に英語教員の需要が多く、ほとんどどこでも高い需要があります。

労働環境

法律によって、ベトナムで1週間に働けるのは合計48時間、5日半とされています。さらなる報酬を得ることで残業をすることも可能です。夜間に働いた場合の給与は30%増しになります。ただし残業ができるのは1年で200時間までとされています。
また最低でも12日の有給休暇と9日の公休がもらえます。

契約の種類

雇用契約には一般的に給与、就業場所と就業時間、就業内容、社会保険が含まれています。
ベトナムの労働法は3種類の契約形態を認めています:常任雇用、有期雇用、季節雇用です。季節契約は12ヶ月未満の契約になります。この契約を適用するのはある特定の期間のみの仕事に対してです。常任契約は雇用主と被雇用者の合意のもとで12から36ヶ月間の契約となり、これは労働許可証の種類によっても異なります。

より多くのスタッフを求める日本企業

近年、日本からの投資が増加していることから、ベトナムの日本企業は経営レベルで人材を募集しています。

日本は昨年、115の国と地域のうち、ナンバーワン投資総額で1位にランクされました。計画投資省の外国投資庁(AFP)によれば、外国投資資金の25.4%を占める911億ドルであったということです。

ウェブサイトには、日本で働く日本企業のアシスタントディレクター、翻訳者、フロントエンド開発者、ICTセールスマネージャーなど、約300人の就職斡旋があります。給料は月に300〜4000ドルです。

CareerLinkのウェブサイトには、全国の日本企業に約600の求人があります。

最近発表された報告によると、昨年の日本企業の中堅や高位人材の募集は、主に製造業や情報技術の分野となっています。

ベトナムのリーディング企業には、オンライン求人ポータルサイトが含まれます。エグゼクティブサーチ会社、上級レベルの候補者のキャリアプラットフォームとなるPRIMUSがあります。

日本の企業は外国企業との競争に直面しているようです。

企画投資省の外国人投資庁の統計によれば、昨年12月、125の国とべトナムで投資プロジェクトが行われていました。

報告書によれば、製造業の日本企業は、2018年に北部地域の新工業団地や日本の製造企業からの大規模な投資があったので、中堅や高位の人材の需要が引き続きあるとみています。

南部地域では、IT業界やサービス業界の募集需要が増加する見通しを示しました。

小売業界では、人気あるブランドを持つベトナムの企業に投資している日本やタイの大企業の間で、合併・買収が続いています。

これらの取り引きは、新たな事業開発をし、ベトナム従業員がより専門的な経営に近づくチャンスを作り出しました。

しかしチャンスがあるにもかかわらず、ベトナム人は企業文化と業務スタイルに困難している、とNavigosの報告書では指摘しています。

ベトナムに住む

大要

このガイドでは、ベトナムに移住するにあたって必要な、入国要件、医療、教育などの情報を掲載しています。

入国と居住の条件

全て外国人はベトナムのビザを取得しなければなりません。自国の大使館や領事館はベトナムのビザの発行や手続きに関与していません。ベトナム国外にいる場合は最寄りのベトナム大使館または領事館に連絡してみてください。所在地や連絡先の詳細はインターネットで調べることができます。ベトナム国内でベトナムのビザの延長などをしたい場合は、最寄りのベトナム移民局に連絡してください。
ベトナム国民は地元の警察に身分登録をしなければなりません。ホテルにチェックインする時は、パスポートを提出することで、ホテル側が警察に身分登録をすることができます。パスポートは必ず返してもらい、安全な場所に保管するようにしましょう。ホテルの部屋を借りるデポジット代わりにパスポートを預けるのは絶対にやめましょう。また、個人的なアパートに滞在する場合でも登録は必要です。到着後すぐに、ホストに手伝ってもらえないか掛け合ってみましょう。登録をしないと、罰金が科せられるかもしれません。

雇用

外国人がベトナムで3ヶ月以上働く場合、労働許可証とその職に適した就労ビザが必要になります。あなたの雇用主は労働許可証を得るための書類作成に協力しなければなりません。労働許可証なしで働くことは許されておらず、巨額の罰金や退去命令が出されることもあります。

運転免許証と自動車

ベトナムで車やバイクを運転したいのなら、ベトナムの運転免許証を取得しなければなりません。運転免許証なしで運転することは違法です。有効な国際免許または自国の運転免許証があれば、ベトナムの運転免許証を申請することができます。住んでいる場所の最寄りの運輸省で手続きの詳細を確認してください。

ベトナムの医療

ベトナムの医療機関は基本的なもので、英語が話せる人がいる病院は少ないです。国際病院や私立病院で英語が話せるところもありますが、費用はとても高いです。航空輸送でシンガポールやタイに行く場合はとても高額になります。ベトナムの滞在にあたって有効な医療保険があることを確認しておきましょう。

教育

ハノイ、ホーチミン市、ダナンやその他の大都市には英語やインターナショナルスクールが数多く存在します。

ベトナムのインターンシップ

インターンシップは新しい国、文化、労働環境を知る上で素晴らしい方法となるでしょう。インターンシップはベトナムでも増えていて、若者が急成長中の国へ足を踏み入れる多くの機会があります。

ベトナムで公式のインターンシップ()をしている全ての外国人は、最低でもDHスチューデント/インターンビザを取得しなければなりません。しかし、ベトナムの多くのインターンシップが非公式で無給で、NGIOを通していることを覚えておきましょう。この場合、観光ビザをもっていれば十分ですが、インターンシップ先で確認するようにしましょう。

手続き

あなたのインターンシップが有給の場合、企業はあなたのプロフェッショナルビザを申請しなければなりません。名前、生年月日、ベトナムの滞在期間と滞在先の詳細などの個人情報を提出しなければなりません。
あなたの入国許可が下りた後、申請書を完成させるために最寄りのベトナム大使館に行かなければならないかもしれません。そうでなければ、手続きはオンラインでスムーズに完了できます。どちらの場合も手数料がかかります。
あなたのインターンシップ先の企業は、あなたのスキルや適性を求める場合もあります。また、入国に際し、資格やIDを求められることもあります。

産業

以下、インターンシップが盛んに行われている産業を紹介します。このリストは完全版ではなく、他の分野でもインターンシップを受け入れている企業が多くあります。

情報/コンピューター技術

ベトナムの急速なICT産業の拡大のために、インターン生の需要が高まっていることは、不思議なことではありません。テクニカルエンジニアだけではなく、一般的な技術経験ではあるものの、ウェブサイトの作成経験が長い人やユーザーの洞察力がある外国人を求めている企業が多数あります。

教育

ベトナムは、若者の教育に多くの投資を行なっています。国中で教育者としてのインターンの機会があり、特に言語分野での需要が高いです。

観光業

国のブームとなっている観光業でのインターンシップで、あなたは観光業の発展の多くの側面を見ることができるでしょう。これは異なる文化を旅するいい方法でもあります。

農業

農業のインターンシップでは、あなたの国で習う方法とは別の方法を知ることができるでしょう。また、急速に成長する国の現代化や産業化のいい面と悪い面を見ることもできます。

ベトナムでインターンシップを見つける

ベトナムでインターンシップを見つけることは、仕事を見つけるよりも難しいかもしれません。しかし、不可能ではなく、是非とも挑戦してほしいです。ベトナム商工会議所に連絡すると、インターンシップ先を探す手伝いをしてくれます。さらに、労働者募集機関から探したり、インターネットで検索することでも見つけることができます。

履歴書(CV)の書き方

履歴書(CV)の作成に困っていませんか?何を記載するべきか、迷っていませんか?ここにはなぜ、いつ、どのように履歴書を使うのか、レジュメとCVの違い、CVの書き方と構成のガイドライン、アメリカと国際的なCVの違いや記載例について情報を掲載しています。

履歴書を使うとき

求職者がレジュメではなくCVを使うのはいつでしょうか。アメリカでは、大学、教育、科学、医学、研究職のようなポジションに応募する場合に使われます。奨学金給費研究員や奨学金の申請でも使われます。
ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアで仕事を探す場合は、レジュメよりもCVが使われます。海外の雇用主はアメリカのレジュメではなく、CV上で生年月日、国籍、婚姻状況、出生地などの個人の情報を読みたいということを覚えておきましょう。アメリカの法律では求職者に訪ねることができる情報に制限がありますが、これは国外では適用されません。

CVに記載するべきもの

CVとレジュメにはいくつかの異なる点があります。CVは2ページ以上と長く、あなたの経歴やスキルの詳細を記載します。レジュメは、CVの異なるバージョンで、異なるポジションに必要となります。
レジュメのように、CVには名前、連絡先、学歴、スキル、経験を記載します。しかし、これらの基本的な情報に加えて、CVには研究歴や教職歴、発行物、プレゼンテーション、奨学金、職能団体や免許、受賞歴や表彰歴、その他ポジションに応募するにあたって必要な情報を記載します。
まずはあなたの経歴のリストを作ることから始め、その後カテゴリー別に構成していきましょう。発行物には必ず日付を記載しましょう。
国際的なCVに記載するべき個人情報
・国籍
・婚姻歴
・年齢
・子供の数と年齢
・趣味など、個人的に興味のあるもの
・高校を含む全ての学歴
・写真の添付を推奨(プロの顔写真がベストです。)
CV上の生年月日
アメリカ国外のいくつかの国ではCVに生年月日を載せることが好ましいとされています。海外の仕事に応募する場合は、その国の仕事の応募の仕方について調べておきましょう。
アメリカ国内での仕事の応募にCVまたはレジュメを使う場合は、年齢差別を避けるための現在の法律により、生年月日の記載を求められることはありません。

CVのカスタマイズ

記載したい情報のリストを作成したら、あなたのオリジナルのCVを作成し、その仕事に有利な経験を目立たせるようにしましょう。オリジナルのCVを作るのは時間がかかりますが、特にその仕事に有利な経験やスキルがある場合は、それだけの価値があります。
・起動動詞を用い結果を記載し成果を強調しましょう・
・その仕事の最高の候補者であるということを要約したプロフェッショナルなプロフィールから始めます。
・仕事に関する経験、スキル、知識を記載します。全てを詳細に書く必要はありませんが、学歴などでも仕事に関係する場合は記載します。
・CVの構成は雇用先が求めるものに合わせて構成します。例えば、研究に力を入れている大学に応募する場合、プロフィールのすぐ後の最初のページはあなたの論文のリストから始めます。一方で、発行物よりも教職の経験が重要と考えている職場では、職歴を最初のページに記載します。

CVの記載例と書き方の確認

書き始める前に、いくつかサンプルを見ると書きやすいかもしれません。これらのCVのサンプルはあなたのCV作成の参考になるでしょう。

レジュメの代わりにCVを使うべき時

アメリカでは、大学、教育、科学、医学、研究職のようなポジションに応募する場合に使われます。奨学金給費研究員や奨学金の申請でも使われます。ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアで仕事を探す場合は、レジュメよりもCVが使われます。

カバーレターの書き方

カバーレターはさまざまな仕事の申込書の一部である1枚の書類です。
応募先が明らかにカバーレターを必要としていないときのみ、省略することができます。それ以外のケースでは、カバーレターを添付するべきです。

カバーレターの目的

カバーレターでは:
・自己紹介
・どの職種に応募するのか
・その仕事に必要なスキルや経験があるか
・読者に履歴書を読むように促す
・具体的な行動を明記する(例えば面接のお願いや、面会のお願いなど)
詳細は、このページの「カバーレターに何を記載するべきか」というセクションを参考にしてください。

カバーレターの長さについて

カバーレターは1ページに納めなければなりません。カバーレターは履歴書の要約なので、簡潔に作る必要があります。

仕事とカバーレターを一致させる

異なる仕事に同じカバーレターを使うことはおすすめできません。カバーレターではあなたが仕事や組織について何を知っているのかを示す必要があるからです。
そのためには、あなたのスキルやレベルがどのように仕事や組織にマッチするのかをできるだけ明確にしなければなりません。
以下、あなたのカバーレターをより詳細なものにするための3ステップです。

1.誰に向けたものなのかをはっきりしましょう。

「ご担当者様」という表現はできるだけ避けましょう。誰に向けたものなのかをはっきりさせるのには時間を要しますが、それだけの価値があります。
その仕事を求人広告で見つけた場合、担当者の名前や誰に書類を送るのかが明記されていることがあります。そうでなければ、雇用主や広告主に連絡を取り、誰に書類を送るのかを尋ねてみましょう。電話が最善ですが、電話番号がわからない場合はEメールでも構いません。
その人の名前を知るにあたって、ファーストネームを使うのはやめましょう。Mr.やMs.を用い、ラストネームを使いましょう。

2.仕事について詳しく知りましょう

誰に申請すればよいのかがわかったら、その人に連絡を取り、カバーレターと履歴書を、より仕事に適したものにすることができます。
聞いておくべき質問
・チームで動く仕事ですか?
・仕事を得たあと、誰に報告するべきですか?
・どのような人材を探しているのか、詳細を教えてもらえますか。
・ポジションについての説明が書かれているものはありますか?(求人広告にポジションについての記載がない場合)
これらの質問への回答は、カバーレターへのアイディアがつまっています。

3.会社についてよく知りましょう

会社をよく知ることはカバーレターを作る上でよい方法の1つとなります。
会社の名前がわかるのなら、オンラインで情報を収集しましょう。
会社のウェブサイトがあるなら、確認してみましょう。(特に会社についてのページは確認しましょう。)
会社の名前が求人広告に載っていなければ、リクルート代理店や広告主に電話し、雇用主が誰かを尋ねてみましょう。

カバーレターに記載すべきこと

カバーレターに記載するべき事項をリスト化しました。どのようにこれらの事項を記載するかは、私たちのサンプルをご覧ください。
<名前と連絡先の詳細>
名前と連絡先はカバーレターの一番最初に記載しましょう。住所を書く必要はありませんが、メールアドレスと電話番号は必ず記載します。
記載した電話番号への電話は、すぐに出れるようにしておきましょう。家にいる時間が多い方を及位、固定電話の番号は記載しないようにしましょう。
メールアドレスはプロフェッショナルな印象を与えるようなものにしましょう。
プロフェッショナルなメールアドレスがない場合は、無料のメールプロバイダーで作ることができます。ファーストネームとラストネームなど、シンプルなメールアドレスを作りましょう。
<相手の名前と連絡先>
あなたの名前と連絡先の下には、以下の情報を記載しましょう。
・書類を渡す相手の名前
・その人のポジションもしくは会社名
・その連絡先
これらの情報を見つけるのが困難な場合は会社に電話をして、担当者に確認しましょう。
また、「ご担当者様」を使うこともできますが、最終手段とします。
<あなたが応募する仕事の名前>
カバーレターのはじめは、どの仕事に応募するのかを明記しましょう。
例えば、「Re: 在庫管理者への応募」と記載することもできますし、パラグラフを書く(私は最近広告に掲載されていた在庫管理者の職へ応募します。)ことも可能です。
<あなたのスキルのリスト>
あなたのスキルや経験をカバーレターに載せましょう。箇条書きでも構いません。
求人広告を見て応募する場合は、広告内または職種説明の欄に、必要なスキルや経験のリストが書かれていると思います。また、「望ましい」スキルや経験も掲載されているかもしれません。あなたのカバーレターには、必要なスキルや経験だけではなく、望ましいスキルや経験についても記載すると良いでしょう。
もしスキルや経験について記載する場合は、どのように使い、どのように取得したかを示す必要があります。(例えば、チャイルドマインディングのスキルがあると書いたのなら、どこでそのスキルを使った仕事をしたかを記載しましょう。)
<なぜあなたがその仕事に適しているかの要約>
スキルと経験を記載した後は、なぜあなたがその仕事に適しているかを説明しましょう。(例えば、「AFLへの興味と簿記の経験を合わせると、私はこの仕事にぴったりだと思います」など)
<彼らの言語を話しましょう>
職場で使われている言語を話すということは、その職場にあなたが合っているということを示すのに良い方法です。
会社が何をしていて、それをどのように表現しているかを知ることは、カバーレターで書くべきことのアイディアを与え、どのように彼らと話すべきかのヒントになります。
例えば、機械加工ツールやキャッシュハンドリングのようなツールやソフトウェア、またはスキルがある場合は、それをカバーレターに書きましょう。(正しく書かなければなりません!)
「仕事とカバーレターを一致させる」のセクションを読み、企業について知るためのヒントを得ましょう。
<あなたの履歴書を読み、連絡をもらうように促しましょう>
あなたのカバーレターは読み手に履歴書を読むよう促して終わるべきです。また、面接をさせてもらえるように頼むべきです。
「私の履歴書のコピーを添付しました。この仕事に関して何か一報いただけると幸いです。」などの単純なもので構いません。

カバーレターに記載すべきではないこと

カバーレターに記載すべきことを知るのと同じくらい、記載すべきではないことを知るのも重要です。以下、気をつけるべきことです。
<誤植やミス>
カバーレターのスペルチェックは必ずしましょう。誰かに読んでもらうようお願いし、ミスや矛盾点を指摘してもらいましょう。カバーレターを読むように頼むのは、友人、家族、大学やTAFEのキャリア指導員やカウンセラーが良いでしょう。
カバーレターの全てをダブルチェックしましょう。会社の名前を書いているのなら、正しいかチェックしましょう。前に働いていたところについて言及している場合は、その名前も正しいことを確かめましょう。カバーレターのミスは誤植より最悪です。
<あなたの履歴書全体を含みましょう>
履歴書を切り取ってカバーレターへ貼り付けることはやめましょう。ただ繰り返すのではなく、言い換えて記載しましょう。カバーレターは短く納め、履歴書で全ての内容を記載しましょう。
<「私」の多用>
「私は~です」「私は~と思います」「私は~があります」などでカバーレターをいっぱいにするのはやめましょう。
カバーレターを書いたら、もう一度読み直し、「私は」から始まっている文章を書き換えるなどしましょう。
<他の仕事の応募に関しては言わない>
1度に複数の仕事に応募することは少なくないと思います。それは重要ですが、他の仕事の応募には記載しないようにしましょう。あなたがその仕事をしたいということを人々に納得させなければなりません。もしあなたが他の仕事も探しているということを彼らが知ったら、彼らを納得させることは難しいです。
あなたが1つ以上の仕事に応募していることは予想できますが、そうふるまわない方が良いでしょう。

求人がないときにカバーレターを書く

求人がなくても特定の会社や組織で働きたいこともあると思います。これは「アポ取り」と呼ばれます。
企業に求人がないか直接尋ねることは、あなたのやる気を見せるチャンスにもなり、仕事を得ることができるかもしれません。
現在求人がなくても、企業があなたのことを知っておけば、次に求人が出たときに連絡が来るかもしれません。
アポ取りのカバーレターは、基本的には他のカバーレターと同じように書き、少し異なる点もあります。それは:
・あなたが企業や組織についてすでに調べ、知っているということを示す
・何故そこで働くことに興味があるのか(企業がやっていることとあなたのゴール)
・あなたのスキルや経験、興味が企業や組織のゴールにどのようにフィットするか
・あなたが望むこと(例えば今求人があるポジションについてや、現在働いている人の話を聞くチャンスが欲しいなど)
・またすぐに連絡するということを明記し、その前に連絡をもらえると嬉しいということも記載する
もし数週間経っても連絡がない場合、こちらから問い合わせてみてもいいでしょう。メールや電話で問い合わせてみましょう。
アポ取り用カバーレターのテンプレートはこの種類のカバーレターの見本です。直接連絡を取るための情報はアポ取りとは?のページをご覧ください。

カバーレターをメールする

カバーレターをメールで送るように依頼してくる企業もあります。その時は:
・メールのタイトルにあなたの名前と職業名を書く(例えば、「 Jayani Lal – 管理アシスタント食への応募」)
・誰に書いているかを明確にする
・手紙のようにメールの本文をフォーマット化しない – 連絡先の詳細を載せずに直接「~様」から始める
・メールの最後は電話番号を含む連絡先で締める
・常にプロフェッショナルなアドレスからメールを送信する
どのようにメールすべきかは、サンプルの「カバーレターをメールで送る」をご覧ください。

カバーレターだけを求められた場合

企業によっては、履歴書の代わりにカバーレターだけを提出するよう求めてくる場合もあります。
その際はカバーレターにあなたの経験と仕事の条件をリンクさせることが重要です。このようなカバーレターを書く際には:
・連絡先の詳細、あなたの簡単な自己紹介など
・経験の要約
・箇条書きでそれぞれの条件を満たしていることを記載
・連絡をもらえるように促す

海外で仕事を始めるには

違う国で仕事を見つけるのは大変なことです。ここにはあなたの夢の仕事を海外で始めるためのヒントが書かれています。特別な経験をしたいと思っている新卒者か、経験豊富な労働者かに関わらず、国境を超えることはとても興味深いことです。残念ながら、海外で働くことを夢見る多くの労働者が、それを実現せずにいます。なぜなら、海外で仕事を探すことが難しいからです。
私たちはそれぞれの分野のエキスパートに話を聞きました。

オンラインネットワーキング

インターネットで海外の求人情報を検索するのは簡単な方法ですが、利点はそれだけではありません。ソーシャルメディアの発達により、インターネットでより専門的な繋がりを持てるようになりました。「オンラインネットワーキングは面と向かったネットワークづくりの礎になり、正しく使えば、良いきっかけになります。」と話すのは、ハロゲンソフトウェアのHRであるLisa Mullen氏です。「オンラインのコミュニティやユーザーグループは求職者が声を大にすることなく、技術や考え、リーダーシップを示す機会を提供しています。」

直接の経験

あなたがお気付きのように、新しい国に移り住むことは多くの変化があります。もしあなたが真剣に移住を考えているのなら、あなたが働きたいと思う国に一度は訪れたことがあるはずです。もしそうでなければ、旅の計画を立てることは十分に価値があることです。文化に触れるだけではなく、具体的な移住のイメージが持てると思います。
「あなたが目指す国を訪れ、情報収集をするのは良い手段です。」と中国中央テレビ(CCTV)のGlen Lovelandマネージャーは言います。「国際企業はその国に訪れたことのない人を雇うことに気が進みません。自分でその国の現実を知り、期待とのギャップを埋めておくと良いでしょう。」

その土地の仕事の応募方法を調べる

多くの外国人求職者はカルチャーショックに備えていますが、仕事への応募段階で予想を超えてくることがあります。「アメリカ国外で仕事を探すときは、その地域の求職の手続きの慣習を理解し、その国の言語で履歴書を書きましょう。」とオンライン卸売のSaleHooのSimon Slade CEO兼共同創設者は言います。「例えば、ニュージーランドでは、アメリカ英語よりもイギリス英語のスタイルが好まれます。」
また他の国では、違いは言語だけにとどまりません。「中国では、履歴書に顔写真を貼ることが当たり前です。」とLoveland氏は言います。「その土地の履歴書の様式を用いることで、雇用主に対していかに本気かを伝えることができるでしょう。」

海外の前に国内

遠くの場所のポジションを探しているかもしれませんが、まずは国内の求人を探してみましょう。「まずは、自分の会社が国際的なポジションを持っているかどうかをみてみましょう。」と話すのはCCTVのGlen Loveland氏です。「もしあなたの会社に公式な企業内異動がなくても、海外のHRと繋がることができるはずです。」
「もしあなたが専門的組織の一員ならば、海外にオフィスがないか確認してみましょう。」とLoveland氏は推奨します。「もしかするとローカルの求職をあなたに提供することができるかもしれません。」

あなた自身を説明する

雇用主によって、面接時の質問は多岐にわたることから、まずはなぜ海外に移住したいのかを明確に答えられるようにしておきましょう。「なぜ海外に移住したいのか、しっかりとしたストーリーを持ちましょう。それはあなたのキャリアに役立つことですか?あなたの配偶者が異動になり、あなたも仕事を得なければなりませんか?常に海外へ行きたいという気持ちがあり、今がその時だと思いますか?」とLoveland氏は言います。「リクルーターや人事部長はあなたにどれほどの適性があるのかを見極めたいのです。移住者を雇うということは、書類面や法的に厄介なことが多いのです。移住に時間のかかる人を雇うのは、重大なリスクがあるのです。」

忍耐は美徳

これで、海外で仕事を得る準備ができ、そこへ飛び出し世界を見る準備ができたことと思います。実際に、海外で仕事を得ることは、国内で仕事を得るよりもはるかに時間がかかるのです。「仕事を探すのにまず4~6ヶ月かかります。ビザの手続きにも時間を要します。」とLoveland氏が警告します。「例えば、中国中央テレビでは、合格通知が来てその仕事を受けてから、ビザの申請用紙を受け取るまでに4ヶ月もかかりました。計画に余裕を持ち、全てが国際的な動きをするということを覚えておくことは重要です。」

ベトナムで英語を教える仕事につくには

ベトナムは英語を教える場所として最も魅力的な場所の1つとなりました。魅力的な風景、豊富な文化、熱帯気候や他のエキゾチックな旅行先への近さが、ベトナムを人気の居住地としてきました。快適なライフスタイル、余裕のあるスタンダードな暮らしと十分な給料を考慮すると、ベトナムは韓国よりも英語を教えるのに適した場所であると気づくでしょう。ベトナムで英語を教える職を見つけることは、難しいことではありません。この記事ではベトナムで英語を教えるための職探しについて、ポイントをお伝えします。

教職のための履歴書を作る

ベトナムでの仕事を考えている教員が多いため、競争率は上がっています。ありがたいことに多くの人がこの記事を読んでいて、短期雇用で英語の先生になりたい人がたくさんいます。しかし残念ながら、高い地位にいた教師にとって、その身分を下げることは簡単ではありません。したがって、教職に応募するときは他の応募者とは違う点を強調し、より良い条件で仕事を手に入れる必要があります。英語を教える職に応募する前に、人目を引くCVをつくりましょう。これはあなたのスキルと経験をアピールするためのチャンスなのです。
教職の経験がなくても心配いりません。鍵となるのは、あなたのこれまでの経験が教職に関係があるのか、応用可能なスキルがあるかどうかです。例えば:仕事で誰かの研修を担当したことはありますか?人前で話したことがありますか?英語が母国語ではない人と働いたことはありますか?これらは全て教職に関連づけることができ、どのように伝えるかが重要なのです。
一般的なCVの書き方のコツとしては、あなたの情報を1~2ページにまとめ、Skypeのハンドルネームなどの連絡先や顔写真、そして英語の教員に応募する以上はスペルや文法ミスがないようにすることです。そしてもちろん、学歴の下にTEFL認定証の詳細も忘れずに添付しましょう。
経験がない場合でも、申請書をより強いものにしたければ地元の学校やボランティアで英語のレッスンをしているところを訪ねみましょう。少しの経験ですが、この経験が仕事を早く得る鍵になったことは間違いありません。しかし、経験がないからといって焦ることはありません。多くの企業があなたの申請書をチェックしてくれます。

ベトナムで英語を教えるために必要なものは?

仕事探しを始めると、ベトナムのどの仕事も一般的な条件があることに気づくでしょう。以下の条件を満たしているか、今一度確認してみましょう。
・ネイティブまたはそれ相当のレベルである
・TEFL/CELTAまたは同様の資格がある
・4年制大学の学位
・母国での犯罪歴のないことの証明
労働許可証の手続きにおいてもこれらの条件があるため、企業側が確認をします。多くの学校がネイティブスピーカーを求めていますが、同程度の流暢差があれば、私の友人の経験上多くの企業で選考対象になるでしょう。
これらの条件を満たしていなくても、焦ることはありません。他にもチャンスはありますが、条件は労働許可証を得た人と比べると劣るかもしれません。4年制大学の学位とTEFLが条件となっていないところは違法就労となります。

ベトナムで英語を教える仕事を見つける場所

どこで英語を教える仕事を見つけましたか?ーこれは多くの人に問いかけています。面白いことに、私だけではなくアジアで生活している多くの人がFacebookで仕事を見つけているのです。Facebookには海外で生活するためのグループが数多く存在し、国ごとにグループが作られています。リクルーターはこれらのFacebookページを活用し、求人を掲載しています。Facebookで「~での教職」と調べれば、すぐに探すことができるでしょう。

ベトナムの教職を探すためのFacebookグループをいくつか紹介します。
・Ho Chi Minh City (Saigon) ESL Teaching Jobs
・Jobs for foreigners in Ho Chi Minh City
・ESL Teachers In Vietnam
・Vietnam Teaching Jobs
・ESL Teaching in Vietnam
Facebookページ以外で世界の英語を教える仕事を探すには、Dave’s ESL Cafeがおすすめです。教えるための便利な教材もあります。検索することで、Daves ESL CafeやFacebookページの多くの仕事を閲覧することができます。インターナショナルスクールでの仕事を探している場合は、それに特化したFacebookグループに参加すると良いでしょう。
よりサポートを受けたいのなら、TEFLを取得した企業の求人サイトを確認してみましょう。私は求人情報の掲載があるTEFL.orgで資格を取りました。

教職を探すためにベトナムにいる必要がありますか?

答えはノーです。英語を教える仕事を探すためにベトナムにいる必要はありません。ビザのためにも、その方がいいです。(そうすれば旅行者ビザではなく、ビジネスビザで入国することができます。)私は応募してスカイプで面接を受け、仕事を得るまでに1ヶ月かかりましたが、ビザの取得や入国前に仕事があるという安心感がありました。
ただし、ベトナム国内から仕事に応募するメリットもあります。例えば、いい条件を求めてあなたが飛行機を予約して帰国してしまうというリスクを企業側は負いたくありません。また、仕事は短期間に募集し決定するので、国内にいることですぐに面接を受けることができます。

ベトナムでの教職探しを始めるのにいい時期はいつでしょうか?

前述の通り、ベトナムで英語を教えるという仕事は入れ替わりが激しいので、常に求人があります。私は、あなたが移住を予定している数ヶ月前から就職活動を始め、どのような仕事に求人があり、どのようなメリットがあるかを確認することをおすすめします。
その企業に求人があるかどうかにかかわらず、応募を始め、あなたがその企業で働く意思があるということを伝えましょう。(もちろん、カバーレターにはあなたの状況を全て記載し、相手の時間を無駄にしないようにします。)人目を引くようなCVを作ることができれば、あなたはその企業の次の教職の最有力候補になり得ます。
私が今の会社に最初に応募した時、会社はすぐに働ける人を必要としていました。私はその条件にはそぐわなかったのですが、数週間後、私が移住するタイミングで教職員を募集していると連絡をくれたのです。とても簡単な就職活動となりました!

1年のうち、英語の先生の職を見つけるのに最もいい時期はいつでしょう?

インターナショナルスクールで働く(一般の学期制とクリスマス休暇、夏季休暇があります)ことを検討していない限り、1年中応募することが可能です。教員の退職は定期的にあるので、新しい職員も常に現れます。
ヒント:就職先を決定する前に、いくつかの企業を受けましょう。そうすることで、あなたが決めた仕事が最善の選択だということを確認できるからです。
このように、ベトナムで英語の先生をすることは、なんら難しいことではないのです。もしベトナムでの就職活動について質問があるのなら、喜んでお答えします。メールから連絡をください。最善を尽くします!

このガイドがあなたのベトナムでの英語の先生の職探しに役立つことを祈っています。