より多くのスタッフを求める日本企業

近年、日本からの投資が増加していることから、ベトナムの日本企業は経営レベルで人材を募集しています。

日本は昨年、115の国と地域のうち、ナンバーワン投資総額で1位にランクされました。計画投資省の外国投資庁(AFP)によれば、外国投資資金の25.4%を占める911億ドルであったということです。

ウェブサイトには、日本で働く日本企業のアシスタントディレクター、翻訳者、フロントエンド開発者、ICTセールスマネージャーなど、約300人の就職斡旋があります。給料は月に300〜4000ドルです。

CareerLinkのウェブサイトには、全国の日本企業に約600の求人があります。

最近発表された報告によると、昨年の日本企業の中堅や高位人材の募集は、主に製造業や情報技術の分野となっています。

ベトナムのリーディング企業には、オンライン求人ポータルサイトが含まれます。エグゼクティブサーチ会社、上級レベルの候補者のキャリアプラットフォームとなるPRIMUSがあります。

日本の企業は外国企業との競争に直面しているようです。

企画投資省の外国人投資庁の統計によれば、昨年12月、125の国とべトナムで投資プロジェクトが行われていました。

報告書によれば、製造業の日本企業は、2018年に北部地域の新工業団地や日本の製造企業からの大規模な投資があったので、中堅や高位の人材の需要が引き続きあるとみています。

南部地域では、IT業界やサービス業界の募集需要が増加する見通しを示しました。

小売業界では、人気あるブランドを持つベトナムの企業に投資している日本やタイの大企業の間で、合併・買収が続いています。

これらの取り引きは、新たな事業開発をし、ベトナム従業員がより専門的な経営に近づくチャンスを作り出しました。

しかしチャンスがあるにもかかわらず、ベトナム人は企業文化と業務スタイルに困難している、とNavigosの報告書では指摘しています。

年間88,000ドルを稼ぐベトナムの移住者

HSBCの調査によると、移住者の2/3(67%)がベトナムの経済に確信を持っていると回答しました。

ベトナムで働いている移住者は平均で88,100米ドルを稼いでいるといい、そのうちの36%が給与が25%アップしたと話していることが、HSBC銀行が行ったExpat Explorerの調査で明らかになりました。
HSBCの調査によると、約3/4(72%)の移住者が、ベトナムに移住したことでより貯金が増えたと回答し、2/3以上(67%)が母国よりも可処分所得が多くなったと回答しました。
貯金や投資先としては、退職者(37%)が1軒目もしくは2軒目の不動産を買うことが多いようです。 しかし、不動産所有率は1/8以下(18%)で、世界の平均の半分ほどになっています。
移住者の42%が母国でも移住先でも不動産を所有していません。
ベトナムの移住者の約半分(48%)がより休暇を取り、快適な暮らしのためにお手伝いさんやナニーを雇い(46%)、良い家に住んでいます(45%)。
ベトナムへの移住理由は多岐にわたりますが、1位は新たな挑戦のため(46%)、2位は生活の質の向上のため(28%)、3位は仕事の都合(23%)となっています。これらの豊富を胸に、約半分(47%)がベトナムはキャリアを積みたい移住者にとって良い場所であると回答していますが、世界の平均(54%)よりも低くなっています。
移住者の雇用もピークを迎えています。大多数(74%)の移住者が、雇用元から何らかの福利厚生を得ています。49%が医療保険、42%が住宅手当て、42%が母国へ帰るための旅行費をもらっています。これらは世界の平均(それぞれ44%、20%、19%)を上回っています。
移住者の2/3(67%)がベトナム経済に確信を持っています。しかし、懸念される問題点は彼らの経済的な豊かさは場所によって左右されるということ(43%)、外貨換金率の低さと世界的な経済の不安定(ともに34%)となっています。
また、経験や家族に関する質問に対する回答はあまりよくありません。医療や文化、全体的な生活の質に満足していると回答したのは、たった28%です。世界の移住者の平均52%と比べると低くなっています。
HSBCベトナムのリテールバンキング兼資産管理部長のSabbir Ahmed氏は、移住者にとってベトナムはまだ魅力的な経済であり、キャリア形成にぴったりであると話します。
「しかしこの調査で、移住者にとってベトナムをより魅力的な場所にするために、いくつかの地域を改善したほうがよいことがわかりました。」と彼は付け加えました。
「移住者が早い段階から、資産形成、ヘルスケア、子どもを育てる環境に対してより良い経験を求めていることは明らかです。それは、財政、医療、教育機関にとっては挑戦になると同時に、ビジネスの機会が与えられているということです。」と彼は言いました。

移住者がベトナムで早く稼げる職業トップ7

ベトナム経済の急速な拡大で、成長率は6.81%、一人あたりの所得は2,385ドルを誇り、一生懸命働く意思があり、スキルのある人が稼ぐ機会も増えています。2016年には83,000人以上の外国人がベトナムで働いていて、移住者のコミュニティはここ数年で急速に拡大しています。ホーチミン市、ハノイ、ダナンのような大都市では、ホーチミン市のブイビエン通りやハノイのTa Hien – Dinh Liet – Luong Ngoc Quyen通り、ダナンのホイアン旧市街には外国人が住み、ビジネスをしている外国人街があります。ベトナムの文化が海外の価値観に寛大になり、外国人のスキルや知識はベトナムと世界のギャップを埋めるための架け橋として重宝されるようになりました。以下、この国の外国人が高収入を見込める職業を紹介します。

宅地建物取引士

不動産はベトナムでもホットな業界です。ベトナムの地価は上昇し続けていて、大都市だけではなく、近年発展している地域の地価も上がってきています。例えば、ハノイの中心部にあるオールドクオーターの地下は東京やパリよりも法外な値段になっていて、1平方メートルあたり20,000ドルから60,000ドルになっています。どの都市や地域でも、海外の投資や国の投資があるプロジェクトが立ち上がれば、土地や建物の価格は上昇するのです。フーコック島を例に挙げてみましょう。キエンザン省が島への投資を手厚くし、数百万ドルのホテルやリゾートを建設したところ、とあるエリアでは地価が10倍以上になったとされています。多くの主要な海外投資ファンドや株式会社はベトナムの建物の分野において大きな役割を果たしているのです。2014年の新たな住宅に関する法律では、外国人や投資組織はベトナムに商業的な公営団地の家を買うことができ、最長で50年所有することができます。地上げと広告も激烈で、不動産や建物を扱う企業にチャンスを与えています。多くの人々は宅地建物取引士として生計を立てており、直接買い付けて売る人もいれば、人々の住宅購入の手助けをする人まで様々です。多くの不動産仲介業者が、ベトナムの不動産市場で経済成長、価格変動、情報の不均衡の恩恵を受けています。確かな情報と繋がりがあれば、ベトナムに住む移住者にとって、宅地建物取引士として働くことは難しいことではありません。

外国語講師

ベトナムの文化では、教育は高い評価を受けています。労働者階級にとって、教育は貧困から脱するためや社会的地位の向上に役立つと考えられています。高所得者層にとっては教育は、スキルと知識を身につけ、家族の富を引き継ぎ成功するために重要であると考えられています。どちらの場合も、親は子供の学校にお金を費やし、しばしば教育資金を用意しています。最近、ベトナムはグローバル経済へ参入し、多くの企業が外国人とビジネスをしています。そこで、英語やその他の外国語のスキルは非常に重要視され、これらのスキルがある人の給与水準は高くなっています。需要の高まりを受け、ベトナムでは外国語センターの設立数が増加の一途をたどっています。それを受け、外国人教師の需要も高まっています。経験や資格にもよりますが、1講座につき15~100ドルを稼ぐことができ、ベトナム人の外国人講師と比べると、はるかに高いです。多くの外国人が自分の語学学校を開いたり、ホームスクールを開き、カリキュラムを管理して高い給与を得ています。実際に、多くの外国人バックパッカーが英語や日本語、中国語、ドイツ語、スペイン語などの外国語を教え、収入を得ています。しかし、外国人講師やベトナム人のレベルの高い講師の増加で、外国人講師になるということは競争率が高くなっています。より良い条件で働くためには、移住者には教育スキルと知識の向上が求められています。

宿泊業と飲食業

ベトナムでは外国人がレストランを経営することができます。最近、ベトナムの宿泊・飲食業の639の海外直接投資プロジェクトが120億ドルを計上しています。ベトナム人は海外の食にオープンで、可処分所得が高く、マクドナルド、ケンタッキー、スターバックスなどの国際的なレストランブランドがベトナムへ進出しチャンスを掴んでいます。ここ5年で、これらのチェーン店は多くの都市や省での店舗拡大に成功し、顧客ロイヤリティを獲得しました。さらに、ベトナムには多くの外国人移住者がおり、家族経営の宿や飲食店を経営している人が多くいます。これらの店は外国人だけではなく、海外の食や文化を楽しみたい地元の人々にも愛されています。マネジメントスキルや顧客サービスを向上させ、各国独自の文化を持ち込むことで、多くの移住者がビジネスモデルを確立し、成功しているのです。

ツアーオペレーター

過去数年、ベトナムは多くの外国人観光客を受け入れてきました。2017年には1,300万人近い外国人がベトナムを訪れ、2016年と比較すると30%増加しました。観光客のニーズは多岐にわたり、地元のツアー会社ではそのニーズを満たすことができないケースもあります。一方で、ベトナムに住む多くの移住者が、外国人目線でベトナムの文化に触れるための外国人観光客向けのサービスを提供しています。そのサービスは、ツアーガイド、宿泊先手配、その他必要なサポートと多岐にわたります。地元の言語、文化、そしてロジスティックの知識があり、海外の味覚、伝統などに理解があれば、移住者は外国人観光者のサービス業としてお金を稼ぐことができるでしょう。

投資コンサルタント

2017年、ベトナムは海外直接投資の流入数が劇的に増え、2,591の新たなプロジェクトは212億ドルを計上し、2016年と比較して42.3%アップとなりました。ベトナムでの新たなビジネスチャンスはとてつもない数がありますが、ベトナムの法制度に詳しくない外国人にとって、合法的に新たなビジネスを始めるのは、大変なことです。例えば、投資家はプロジェクトに合った場所を見つけ、地主との契約にサインし、一通りの書類を作らなければなりません。投資登録証明書を受け取った後、必要な許可を取り銀行口座を開設するなど、やらなければならないことが数多くあります。これらの手続きを定めたベトナム政府のガイドラインは曖昧で、投資家は何度も地元当局に足を運ばなければなりません。結果、これらの手続きを円滑に進めるために、多くの新しい外国人投資家(特に小さなプロジェクトの場合)がプロのサポートを必要としているのです。手続きのサイズと複雑さによりますが、投資登録証明書の取得や許可証の取得関係では数百ドルから数千ドルを得ることができます。結果、合法的な手続きについて知識があり、ベトナムと繋がりがある人は投資コンサルタントとして外国人投資家を支援する仕事に就くことができるのです。

市場調査担当者/分析者

大企業がベトナムの9,500万人をターゲットに投資する中で、ベトナムでの市場調査担当者/分析者の仕事は需要が高まっています。この仕事は調査をしたり、データ収集をし、顧客やビジネスパートナーと面会し、調査、ビジネスデータと法環境の分析、報告書の作成と結果の報告、ビジネスプランの改善などです。これらの仕事の給与は一般的に高水準です。また、企業がベトナムへの参入に成功すると、市場調査担当者/分析者は長期雇用となり、良いポジションにつくことができるでしょう。

オンラインライター/コンテンツ制作者

Internet World Statsによると、6,400万人または67%のベトナム人がインターネットを利用しています。世界的に見て速度は速くありませんが、ベトナムのインターネットは安く、安定しています。インターネットの普及で、オンラインマーケティングやコンテンツライターの需要が増え、特に能力と経験があるライターやデベロッパーが求められています。しかし、これらの職業はベトナムでは新しいです。そこで、多くの移住者がこの職業を選び、フルタイムのライターとして地元の企業のオンラインマーケティングのためにコンテンツ制作者として働いたり、ウェブサイトを開設したり、海外企業の外部委託を受けたりしています。移住者の中には、ベトナムの新聞やメディアと協力してニュース記事を執筆し、英語やベトナム語で本を出版したりしている人もいます。

要するに、ポテンシャルさえあれば、ベトナムは地元の人にとっても移住者にとってもチャンスにあふれています。一般的に、外国人の給与は、そのスキルによってベトナム人よりも高い水準にあります。さらに、多くの移住者が複数の仕事を兼務しており、スキルやネットワークの構築に役立てているのです。