移住者にとって夢の住処ベトナム

簡単に仕事が見つかり、生活費が安く、生活の質が高いです。

それが本当なら良すぎるのですが、サマンサはその場所を直接確認することにしました。友人たちはベトナムでのいい暮らしをFacebookにアップすることに夢中でした。
そしてそれは本当だったのです。

彼女は南アフリカから初めてベトナムへ来たとき、1ヶ月かけて観光地巡りをしました。
それから、ほぼ努力なしで25歳で仕事を見つけることができたのです。彼女は、ベトナムで仕事を見つけることは、母国よりも簡単であると気づいたのです。
いくつかの分野における外国人に対するベトナムの豊富な仕事の機会は、世界中の多くの移住者を魅了して来ました。労働傷病兵社会問題省によると、2004年から2015年の間、外国人労働者の数は6倍になったということです。

世界中の移住者310万人の会員数を誇るInterNationsのExpat Insider調査2018によると、ベトナムは移住先TOP10にランクインしたといいます。

圧倒的大多数(81%)の移住者がベトナム人は友好的であると回答し、73%がベトナムは定住しやすい場所であると回答しました。
公式データによると現在83,500人の移住者がベトナムで働いています。この数字は1986年のドイモイ政策以降安定して増え続けているようです。それ以前は戦争やその被害により、長い間世界から遅れを取っていました。
母国で仕事を見つけるのが困難なため多くの移住者がベトナムへ来ました。多くの移住者は、十分な収入と貯金をしながらベトナムの生活を楽しんでいます。

需要の高まり

数年にわたる相対的な孤立の後のベトナムの急速な成長は様々な分野で移住者の需要を高め、特に幼稚園から大学レベルの英語の先生の需要が顕著に高まりました。
「移住者はFacebookで、教員を含む給与の高い仕事をさっと調べています。」とサマンサは言いました。現在、サマンサはインターナショナルスクールで教えていて、彼女が知っている5人の外国人のうち4人が同じ仕事についています。
そこまで経験や学歴がなくても、移住者が英語の教師の仕事に就くことができる一方で、他の分野での求人も豊富にあります。
ベトナムの調査サービス会社のNgo Thi Ngoc Lan地域統括部長によると、製造業、銀行業、小売業でも移住者の需要が高まっていると言います。
2017年に行なった調査では、小売業で回答のあった50%が外国人を雇うためのポリシーがあると回答しました。また56%の雇用主が東南アジア出身者を好み、22%がヨーロッパ出身者を好むということを明らかにしました。
求人の多さとは別に、高い給与も外国人を引き寄せる要因の1つになっています。2017年、ベトナムの移住者は平均で年間約88,000ドルを稼いでいるとロンドンに拠点を置くHSBCがExpat Explorer調査で明らかにしました。72%の回答者が母国と比べてベトナムの方が貯金ができると回答しています。
「移住者はベトナム人と比べると、30~50%多く給与が支払われています。」とLan氏はVnExpress Internationalに話しました。教育や製造業においては、移住者の給与はベトナム人の2~3倍であると彼女は言います。これは移住者の母国の水準に合わせるためだそうです。
地位の高いポジションでは、移住者の子供の授業料や家賃、専属運転手、家族全員の飛行機代などを出す企業もあると彼女は言いました。

快適なライフスタイル

生活費の安さから、移住者が受け取る給与でとても快適な暮らしをすることができます。
2年以上ベトナムで働いているフランス人のBenjamin Durand はソフトウェアエンジニアとしてハノイで働き、月2,500ドルを稼いでいますが、それでも十分満足な暮らしができていると言います。
この給与は平均的なベトナム人の年収なので、彼は満足な暮らしができるのです。週末には、Durandはハノイ周辺で登山を楽しんだり、多くの外国人が集まるパブでダンスを楽しんでいます。「ベトナムに住むことは素晴らしい体験になっています。」と彼は言います。

「王様のような生活」

2018年6月、ベトナムの2大都市の生活費は世界で最も安いと共同のオンラインデータベースのNumbeoが明らかにしました。Numbeoはユーザーが都市の生活費をアップし比較できるサイトです。
ハノイは7位、ホーチミン市は9位にランクインし、フィリピンのマニラやマレーシアのクアラルンプール、タイのバンコクよりも安くなっています。
ハノイで英語のチューターをしているメーガンは、アメリカで使っていた半分の額しか費やしてません。さらに、彼女はハノイに来る前に1年間暮らした韓国にいた時よりも、貯金ができているのです。
「望むのなら、ベトナムでは王様や女王様のような暮らしができます。」と彼女は言います。
移住者の需要が高い地域では、地元の企業はあの手この手で移住者を惹きつけようとしています。ベトナムで人気があり、国内に30の教室を持つ英語教室Apollo Englishでは、帰国の飛行機代、最初の週の家賃を無料にする、ビザや労働許可証の取得のサポートなどのインセンティブを提供しています。
また、別の英語教室Cleverlearnでは、外国人講師の給与を月2,000ドルにしました。また教室は移住者の教師に対し、家探しの手伝いやその他入国時に必要な支援を行うことを約束しています。

明らかな特権

多くの企業が実際の人事の需要を満たすために外国人を雇いますが、一方ではマーケティング、外国のすべてのものに対するベトナム人の好みを利用するために外国人を雇用する企業もあります。
広告代理店はしばしば移住者を雇い、製品の宣伝をします。これは、外国人の容姿、特に西洋人が顧客を魅了するからです。
これはいい傾向ではないかもしれないと社会学者らは言います。「多くのベトナム人は外国人は裕福でスキルがあると考えていますが、それは必ずしも真実であるわけではありません。」と、ベトナム社会科学院のTrinh Hoa Binh副長官は言いました。
この現象によって、ベトナムの人々が自分たちの文化に対する自信をなくしているとBinh氏はVnExpress Internationalに話しました。さらに彼は、ベトナムの人々がより教育されれば、彼らは国の外国人労働者の真の価値を理解し出すとしています。
しかし現在はこの認識が移住者の幸せで楽しい生活を妨げることはないでしょう。
南アフリカ出身の英語教師サマンサは、収入の満足度や友好的な人々がいる文化、仕事の機会の豊富さなどから、ベトナムが近い将来彼女の第2の故郷になると言っています。
「もちろん、仕事を求めてここへ来て、母国に帰っていった人々も知っています。」とサマンサは言いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です