海外で仕事を始めるには

違う国で仕事を見つけるのは大変なことです。ここにはあなたの夢の仕事を海外で始めるためのヒントが書かれています。特別な経験をしたいと思っている新卒者か、経験豊富な労働者かに関わらず、国境を超えることはとても興味深いことです。残念ながら、海外で働くことを夢見る多くの労働者が、それを実現せずにいます。なぜなら、海外で仕事を探すことが難しいからです。
私たちはそれぞれの分野のエキスパートに話を聞きました。

オンラインネットワーキング

インターネットで海外の求人情報を検索するのは簡単な方法ですが、利点はそれだけではありません。ソーシャルメディアの発達により、インターネットでより専門的な繋がりを持てるようになりました。「オンラインネットワーキングは面と向かったネットワークづくりの礎になり、正しく使えば、良いきっかけになります。」と話すのは、ハロゲンソフトウェアのHRであるLisa Mullen氏です。「オンラインのコミュニティやユーザーグループは求職者が声を大にすることなく、技術や考え、リーダーシップを示す機会を提供しています。」

直接の経験

あなたがお気付きのように、新しい国に移り住むことは多くの変化があります。もしあなたが真剣に移住を考えているのなら、あなたが働きたいと思う国に一度は訪れたことがあるはずです。もしそうでなければ、旅の計画を立てることは十分に価値があることです。文化に触れるだけではなく、具体的な移住のイメージが持てると思います。
「あなたが目指す国を訪れ、情報収集をするのは良い手段です。」と中国中央テレビ(CCTV)のGlen Lovelandマネージャーは言います。「国際企業はその国に訪れたことのない人を雇うことに気が進みません。自分でその国の現実を知り、期待とのギャップを埋めておくと良いでしょう。」

その土地の仕事の応募方法を調べる

多くの外国人求職者はカルチャーショックに備えていますが、仕事への応募段階で予想を超えてくることがあります。「アメリカ国外で仕事を探すときは、その地域の求職の手続きの慣習を理解し、その国の言語で履歴書を書きましょう。」とオンライン卸売のSaleHooのSimon Slade CEO兼共同創設者は言います。「例えば、ニュージーランドでは、アメリカ英語よりもイギリス英語のスタイルが好まれます。」
また他の国では、違いは言語だけにとどまりません。「中国では、履歴書に顔写真を貼ることが当たり前です。」とLoveland氏は言います。「その土地の履歴書の様式を用いることで、雇用主に対していかに本気かを伝えることができるでしょう。」

海外の前に国内

遠くの場所のポジションを探しているかもしれませんが、まずは国内の求人を探してみましょう。「まずは、自分の会社が国際的なポジションを持っているかどうかをみてみましょう。」と話すのはCCTVのGlen Loveland氏です。「もしあなたの会社に公式な企業内異動がなくても、海外のHRと繋がることができるはずです。」
「もしあなたが専門的組織の一員ならば、海外にオフィスがないか確認してみましょう。」とLoveland氏は推奨します。「もしかするとローカルの求職をあなたに提供することができるかもしれません。」

あなた自身を説明する

雇用主によって、面接時の質問は多岐にわたることから、まずはなぜ海外に移住したいのかを明確に答えられるようにしておきましょう。「なぜ海外に移住したいのか、しっかりとしたストーリーを持ちましょう。それはあなたのキャリアに役立つことですか?あなたの配偶者が異動になり、あなたも仕事を得なければなりませんか?常に海外へ行きたいという気持ちがあり、今がその時だと思いますか?」とLoveland氏は言います。「リクルーターや人事部長はあなたにどれほどの適性があるのかを見極めたいのです。移住者を雇うということは、書類面や法的に厄介なことが多いのです。移住に時間のかかる人を雇うのは、重大なリスクがあるのです。」

忍耐は美徳

これで、海外で仕事を得る準備ができ、そこへ飛び出し世界を見る準備ができたことと思います。実際に、海外で仕事を得ることは、国内で仕事を得るよりもはるかに時間がかかるのです。「仕事を探すのにまず4~6ヶ月かかります。ビザの手続きにも時間を要します。」とLoveland氏が警告します。「例えば、中国中央テレビでは、合格通知が来てその仕事を受けてから、ビザの申請用紙を受け取るまでに4ヶ月もかかりました。計画に余裕を持ち、全てが国際的な動きをするということを覚えておくことは重要です。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です