ベトナムの労働市場

ベトナムの労働市場は、常に外国人に対してオープンであるわけではありませんが、移住者が仕事を見つけることは可能です。ここではベトナムの求職活動について一般的な情報を紹介しています。

国際企業やベトナムにある多国籍企業ではない限り、ベトナムの労働市場が全ての産業で外国人を受け入れているわけではありません。しかし、外国のスキルは好まれています。
多くの企業や地元のビジネスにおいて、ベトナム政府はベトナム人を雇用することを推奨しています。外国人のプロを雇用するためには、企業側がそのスキルがベトナム人にはないということを証明しなければなりません。法によって、外国の企業はたった3%しか外国人を雇うことができません。

知っておくべきこと

外国人としてベトナムで働くためには、高い英語力と会話レベルのベトナム語を習得していると良いでしょう。

仕事に応募する

仕事に応募するとき、カバーレターのついた履歴書とパスポートサイズの写真が必要になります。また、犯罪歴のコピー、母国で発行された診断書、学位のコピーやあなたの適性やスキルを証明するものも必要になります。

可能性のあるセクター

過去数年にわたって、農産業、流通、サービス、ヘルス、情報やコミュニケーション技術などの異なるセクターの多くの企業がベトナムで創設されました。これらのセクターで研修を受けたことがあったり、経験がある場合は、雇用のチャンスが広がります。ホスピタリティ、ケータリング、農業、金融サービスなどのその他のセクターも同様のことが言えます。
様々な分野で異なる職種の求人が国中にあります。遍在する分野の1つが教育で、特に英語教員の需要が多く、ほとんどどこでも高い需要があります。

労働環境

法律によって、ベトナムで1週間に働けるのは合計48時間、5日半とされています。さらなる報酬を得ることで残業をすることも可能です。夜間に働いた場合の給与は30%増しになります。ただし残業ができるのは1年で200時間までとされています。
また最低でも12日の有給休暇と9日の公休がもらえます。

契約の種類

雇用契約には一般的に給与、就業場所と就業時間、就業内容、社会保険が含まれています。
ベトナムの労働法は3種類の契約形態を認めています:常任雇用、有期雇用、季節雇用です。季節契約は12ヶ月未満の契約になります。この契約を適用するのはある特定の期間のみの仕事に対してです。常任契約は雇用主と被雇用者の合意のもとで12から36ヶ月間の契約となり、これは労働許可証の種類によっても異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です