ベトナムに住む

大要

このガイドでは、ベトナムに移住するにあたって必要な、入国要件、医療、教育などの情報を掲載しています。

入国と居住の条件

全て外国人はベトナムのビザを取得しなければなりません。自国の大使館や領事館はベトナムのビザの発行や手続きに関与していません。ベトナム国外にいる場合は最寄りのベトナム大使館または領事館に連絡してみてください。所在地や連絡先の詳細はインターネットで調べることができます。ベトナム国内でベトナムのビザの延長などをしたい場合は、最寄りのベトナム移民局に連絡してください。
ベトナム国民は地元の警察に身分登録をしなければなりません。ホテルにチェックインする時は、パスポートを提出することで、ホテル側が警察に身分登録をすることができます。パスポートは必ず返してもらい、安全な場所に保管するようにしましょう。ホテルの部屋を借りるデポジット代わりにパスポートを預けるのは絶対にやめましょう。また、個人的なアパートに滞在する場合でも登録は必要です。到着後すぐに、ホストに手伝ってもらえないか掛け合ってみましょう。登録をしないと、罰金が科せられるかもしれません。

雇用

外国人がベトナムで3ヶ月以上働く場合、労働許可証とその職に適した就労ビザが必要になります。あなたの雇用主は労働許可証を得るための書類作成に協力しなければなりません。労働許可証なしで働くことは許されておらず、巨額の罰金や退去命令が出されることもあります。

運転免許証と自動車

ベトナムで車やバイクを運転したいのなら、ベトナムの運転免許証を取得しなければなりません。運転免許証なしで運転することは違法です。有効な国際免許または自国の運転免許証があれば、ベトナムの運転免許証を申請することができます。住んでいる場所の最寄りの運輸省で手続きの詳細を確認してください。

ベトナムの医療

ベトナムの医療機関は基本的なもので、英語が話せる人がいる病院は少ないです。国際病院や私立病院で英語が話せるところもありますが、費用はとても高いです。航空輸送でシンガポールやタイに行く場合はとても高額になります。ベトナムの滞在にあたって有効な医療保険があることを確認しておきましょう。

教育

ハノイ、ホーチミン市、ダナンやその他の大都市には英語やインターナショナルスクールが数多く存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です