ベトナムで英語を教える仕事につくには

ベトナムは英語を教える場所として最も魅力的な場所の1つとなりました。魅力的な風景、豊富な文化、熱帯気候や他のエキゾチックな旅行先への近さが、ベトナムを人気の居住地としてきました。快適なライフスタイル、余裕のあるスタンダードな暮らしと十分な給料を考慮すると、ベトナムは韓国よりも英語を教えるのに適した場所であると気づくでしょう。ベトナムで英語を教える職を見つけることは、難しいことではありません。この記事ではベトナムで英語を教えるための職探しについて、ポイントをお伝えします。

教職のための履歴書を作る

ベトナムでの仕事を考えている教員が多いため、競争率は上がっています。ありがたいことに多くの人がこの記事を読んでいて、短期雇用で英語の先生になりたい人がたくさんいます。しかし残念ながら、高い地位にいた教師にとって、その身分を下げることは簡単ではありません。したがって、教職に応募するときは他の応募者とは違う点を強調し、より良い条件で仕事を手に入れる必要があります。英語を教える職に応募する前に、人目を引くCVをつくりましょう。これはあなたのスキルと経験をアピールするためのチャンスなのです。
教職の経験がなくても心配いりません。鍵となるのは、あなたのこれまでの経験が教職に関係があるのか、応用可能なスキルがあるかどうかです。例えば:仕事で誰かの研修を担当したことはありますか?人前で話したことがありますか?英語が母国語ではない人と働いたことはありますか?これらは全て教職に関連づけることができ、どのように伝えるかが重要なのです。
一般的なCVの書き方のコツとしては、あなたの情報を1~2ページにまとめ、Skypeのハンドルネームなどの連絡先や顔写真、そして英語の教員に応募する以上はスペルや文法ミスがないようにすることです。そしてもちろん、学歴の下にTEFL認定証の詳細も忘れずに添付しましょう。
経験がない場合でも、申請書をより強いものにしたければ地元の学校やボランティアで英語のレッスンをしているところを訪ねみましょう。少しの経験ですが、この経験が仕事を早く得る鍵になったことは間違いありません。しかし、経験がないからといって焦ることはありません。多くの企業があなたの申請書をチェックしてくれます。

ベトナムで英語を教えるために必要なものは?

仕事探しを始めると、ベトナムのどの仕事も一般的な条件があることに気づくでしょう。以下の条件を満たしているか、今一度確認してみましょう。
・ネイティブまたはそれ相当のレベルである
・TEFL/CELTAまたは同様の資格がある
・4年制大学の学位
・母国での犯罪歴のないことの証明
労働許可証の手続きにおいてもこれらの条件があるため、企業側が確認をします。多くの学校がネイティブスピーカーを求めていますが、同程度の流暢差があれば、私の友人の経験上多くの企業で選考対象になるでしょう。
これらの条件を満たしていなくても、焦ることはありません。他にもチャンスはありますが、条件は労働許可証を得た人と比べると劣るかもしれません。4年制大学の学位とTEFLが条件となっていないところは違法就労となります。

ベトナムで英語を教える仕事を見つける場所

どこで英語を教える仕事を見つけましたか?ーこれは多くの人に問いかけています。面白いことに、私だけではなくアジアで生活している多くの人がFacebookで仕事を見つけているのです。Facebookには海外で生活するためのグループが数多く存在し、国ごとにグループが作られています。リクルーターはこれらのFacebookページを活用し、求人を掲載しています。Facebookで「~での教職」と調べれば、すぐに探すことができるでしょう。

ベトナムの教職を探すためのFacebookグループをいくつか紹介します。
・Ho Chi Minh City (Saigon) ESL Teaching Jobs
・Jobs for foreigners in Ho Chi Minh City
・ESL Teachers In Vietnam
・Vietnam Teaching Jobs
・ESL Teaching in Vietnam
Facebookページ以外で世界の英語を教える仕事を探すには、Dave’s ESL Cafeがおすすめです。教えるための便利な教材もあります。検索することで、Daves ESL CafeやFacebookページの多くの仕事を閲覧することができます。インターナショナルスクールでの仕事を探している場合は、それに特化したFacebookグループに参加すると良いでしょう。
よりサポートを受けたいのなら、TEFLを取得した企業の求人サイトを確認してみましょう。私は求人情報の掲載があるTEFL.orgで資格を取りました。

教職を探すためにベトナムにいる必要がありますか?

答えはノーです。英語を教える仕事を探すためにベトナムにいる必要はありません。ビザのためにも、その方がいいです。(そうすれば旅行者ビザではなく、ビジネスビザで入国することができます。)私は応募してスカイプで面接を受け、仕事を得るまでに1ヶ月かかりましたが、ビザの取得や入国前に仕事があるという安心感がありました。
ただし、ベトナム国内から仕事に応募するメリットもあります。例えば、いい条件を求めてあなたが飛行機を予約して帰国してしまうというリスクを企業側は負いたくありません。また、仕事は短期間に募集し決定するので、国内にいることですぐに面接を受けることができます。

ベトナムでの教職探しを始めるのにいい時期はいつでしょうか?

前述の通り、ベトナムで英語を教えるという仕事は入れ替わりが激しいので、常に求人があります。私は、あなたが移住を予定している数ヶ月前から就職活動を始め、どのような仕事に求人があり、どのようなメリットがあるかを確認することをおすすめします。
その企業に求人があるかどうかにかかわらず、応募を始め、あなたがその企業で働く意思があるということを伝えましょう。(もちろん、カバーレターにはあなたの状況を全て記載し、相手の時間を無駄にしないようにします。)人目を引くようなCVを作ることができれば、あなたはその企業の次の教職の最有力候補になり得ます。
私が今の会社に最初に応募した時、会社はすぐに働ける人を必要としていました。私はその条件にはそぐわなかったのですが、数週間後、私が移住するタイミングで教職員を募集していると連絡をくれたのです。とても簡単な就職活動となりました!

1年のうち、英語の先生の職を見つけるのに最もいい時期はいつでしょう?

インターナショナルスクールで働く(一般の学期制とクリスマス休暇、夏季休暇があります)ことを検討していない限り、1年中応募することが可能です。教員の退職は定期的にあるので、新しい職員も常に現れます。
ヒント:就職先を決定する前に、いくつかの企業を受けましょう。そうすることで、あなたが決めた仕事が最善の選択だということを確認できるからです。
このように、ベトナムで英語の先生をすることは、なんら難しいことではないのです。もしベトナムでの就職活動について質問があるのなら、喜んでお答えします。メールから連絡をください。最善を尽くします!

このガイドがあなたのベトナムでの英語の先生の職探しに役立つことを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です