より多くのスタッフを求める日本企業

近年、日本からの投資が増加していることから、ベトナムの日本企業は経営レベルで人材を募集しています。

日本は昨年、115の国と地域のうち、ナンバーワン投資総額で1位にランクされました。計画投資省の外国投資庁(AFP)によれば、外国投資資金の25.4%を占める911億ドルであったということです。

ウェブサイトには、日本で働く日本企業のアシスタントディレクター、翻訳者、フロントエンド開発者、ICTセールスマネージャーなど、約300人の就職斡旋があります。給料は月に300〜4000ドルです。

CareerLinkのウェブサイトには、全国の日本企業に約600の求人があります。

最近発表された報告によると、昨年の日本企業の中堅や高位人材の募集は、主に製造業や情報技術の分野となっています。

ベトナムのリーディング企業には、オンライン求人ポータルサイトが含まれます。エグゼクティブサーチ会社、上級レベルの候補者のキャリアプラットフォームとなるPRIMUSがあります。

日本の企業は外国企業との競争に直面しているようです。

企画投資省の外国人投資庁の統計によれば、昨年12月、125の国とべトナムで投資プロジェクトが行われていました。

報告書によれば、製造業の日本企業は、2018年に北部地域の新工業団地や日本の製造企業からの大規模な投資があったので、中堅や高位の人材の需要が引き続きあるとみています。

南部地域では、IT業界やサービス業界の募集需要が増加する見通しを示しました。

小売業界では、人気あるブランドを持つベトナムの企業に投資している日本やタイの大企業の間で、合併・買収が続いています。

これらの取り引きは、新たな事業開発をし、ベトナム従業員がより専門的な経営に近づくチャンスを作り出しました。

しかしチャンスがあるにもかかわらず、ベトナム人は企業文化と業務スタイルに困難している、とNavigosの報告書では指摘しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です